キャッシングや消費者金融を利用できない人へ

生活する為にキャッシング

キャッシングで度々お金を借りています

私はお金が足りなくなると、キャッシングを利用してお金を手に入れています。
キャッシングは貸し出し審査が簡単で融資が早いですから、お金がない時にとても助かる存在なのです。
本当はお金がない時にお金を借りるつもりはないのですが、必要に迫られれば借金も仕方がないと言えます。
たとえば飲み会に誘われた時にお金がなかったとします。お金がないからとむげに断る事はできないのです。
そんな事をしたら付き合いの悪い人間と思われてしまい、人間関係を悪くしかねないのです。
またご祝儀やお香典を出す事になったら、出さない訳には行かないのです。人間社会の中で生きていると、お金がないからと言って済ます事はできない事が多いのです。ですから借金は人間社会で生きて行くためには欠かせない物だと思っています。
また生活に密着した家電が壊れた時も借金をする場合があります。
生活に必要な家電が壊れた場合、お金がないからと言ってそのままにしておくことは出来ないのです。
ですから借金をしてすぐさま修理するなり、新しいものを買わなくてはいけないのです。
私たちが生きていれば、借金をする機会もたくさんあるのです。
キャッシングはそんな人間社会の中で、欠かせない物と言えます。

 

お金を借りることで辛かったこと

今までに何度かお金を借りたいと思っていたことがありました。銀行でもキャッシングでも借りなければ何もできない時がありました。

 

私ではありませんが、母親が実際に体験したことです。私に関係していうrことですが、大学へ行くために入学金が必要でした。そのための手続き費用が手持ちになかったのです。私はまだ学生だったのでお金を借りることができず、母親がいくつかの銀行に電話をしましたが、どこも審査で落ちてしまいました。理由は簡単です。キャッシングで借りていたお金を返済できず、お金を借りれる状態ではなかったからです。この時に私はできる限り、お金は借りるまいと思いました。

 

そんな中でもある銀行は「審査が通らないかもしれないけれど、二つ審査にかけてみますか?」と言って二つのローン審査を勧めてくださいました。その銀行ではお金は借りていませんでしたが、やはり審査には落ちてしましました。

 

お金を借りるにしても限度があるとは思いましたが、いざという時に借りれないのでは意味がないとも思いました。結局大学を諦めてしましましたが、もとは借りていたお金を返していなかったからだと母親はとても後悔していました。

 

一度借りれると思って調子に乗って借りてしまうといざという時に借りれないのは、ある意味お金を借りる上での恐怖だなと思いました。調子に乗るわけではありませんが、しかし、借金がある上でのお金が借りれないのはかなりの痛手だと思いました。