お金のトラブル、最終手段解決方法はコチラ。

お金についての不安

私のお金に困った体験について

私は最近まで特にお金に困ったという体験をした事がなかったのですが、最近になってちょっとお金に困る事態が発生しました。
それは何だったのかというと、それは私が働いている会社で急に上司から社会保険労務士の資格を取得しろと言われ資格取得を目指す事になりました。

 

ですが、この資格は独学で取得するにはかなり困難です。ですから、私は効率的な学習をするために資格学校を利用する事にしたのですが、そのために掛かる費用が20万〜30万円程度掛かるようなので私は急にこのお金を調達する必要が出てしまい、人生で初めて消費者金融を利用してお金を借りました。

 

この程度の金額なら消費者金融から借りても問題ないと思ったので借りました。
それは逆にこの程度の金額で親や知人た友人からお金を借りるのもどうかという気持ちがあったからです。

 

それはいくら金額が大したものではないとはいえ、お金を貸してくれと言って良い気分の人間はいないからです。ですから、私はこの程度の金額のお金を借りて親や知人や友人との関係を悪化させてもつまらないと思ったので私は消費者金融からお金を借りて資格学校の入校費用に使いました。

 

それでなんとかお金が工面できたので良かったと思いました。

 

一生続くであろうお金の不安

結婚して、子供を授かって長年続けていた仕事を辞めてからというもの生活費以外の出費にお金を工面することができず、特別な出費が多いときにはお金に困ることがしばしばあります。
以前は、夫と私の稼ぎ頭が2人いたときにはもちろん収入も2倍ありましたのでで特別に出費があるときもその月の貯蓄を少し減らせば何とかなっていたのですが、今では貯蓄を切り崩してしまうことになってしまいます。
例えば、家電製品が壊れてしまったり、私たちの生活の必需品である車の車検などの支払いがある月や、年間払いをしているNHKなどの支払いの月などの多少の出費でも貯蓄を切り崩している状態です。そういう時は夫婦の関係までぎすぎすしてきてしまいます。
現在は、子供も少し大きくなってきたので私も働きに出ようかと考えているところです。これからの将来においてもお金に困らないようにある程度のたくわえをしなければなりません。
さて、私の考えではお金に困らない人というのはきっと半数以上はいるのではないでしょうか。ほんとにないと苦しいし、あればあるで将来これだけでいいのだろうかと不安になるはずです。このお金の問題に悩み、不安に覚えながらも人は一生うまく付き合って工夫して日々生活しなければならないのだろうと私は思います。